2013年4月アーカイブ

消費者金融の現状について

日本経済が不況の中で賃貸業者が大きく台頭した事は記憶に新しく、中でも大手消費者金融業者が莫大な宣伝費を投じて一般家庭に入り込み、業績を伸ばした事は割りと知られている事です。消費者金融とはいわゆるサラ金の事ですが昔のような薄暗いイメージではなく比較的開かれた明るいイメージ作りに成功しています。前述したマスコミを使った宣伝によって社会人だけではなく学生や主婦をターゲットとしたキャッシング契約に成功し、消費者金融は一気に大きく台頭します。しかし違法な取り立てやグレーゾーンと言われる違法金利が分かると徐々に社会問題化とし大きく業績を落とす事になります。また同時に過払い金返還訴訟も重なり倒産や吸収合併する消費者金融も増えて賃貸業は規模を小さくしていきます。そして現在に至り大手金融傘下に収まって経営を立て直している状態でありますが新しくweb契約やネットを利用したキャッシング契約で顧客を増やしつつあるようです。→アコム申込窓口【来店不要、即日融資、かんたん入力】

以上の事から消費者金融を利用する場合、いざというときに備える為のキャッシング契約をしておくと良いでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。